長寿の祝いが行われる年齢は?

長寿のお祝いというのは、たくさんの年齢の時に行うものです。
いくつも種類がありますので、どういった長寿祝いがあるのかを覚えておくと良いでしょう。
そうすることで、それぞれの節目の年齢にお祝いすることができます。
まず最初に行われるものといえば、還暦です。
なお、長寿祝いというのは、本来は数え年で行われるものですが、現在は満年齢で祝うことが多くなってきています。

 

ただし、還暦に関しては、数え年で61歳、満年齢60歳で行うようになっています。
続いてやってくるのが古希で、これは70歳です。
その次が喜寿の77歳です。
続いて80代へと進み、傘寿の80歳、米寿の88歳となっています。
その先は90代となり、90歳の卒寿に始まり、99歳の白寿というのがあり、その次はついに100歳の紀寿を迎えることとなります。

 

なお、長寿祝いというのは100歳以降も続いていくもので、108歳の時や111歳の時にも行われるものです。
このように、色々なタイミングで行われるものですが、ある程度簡単に覚えるコツがあります。
例えば、米寿は米の字を崩すと八十八に見え、傘寿の場合も略字が八と十を重ねた形ですし、喜寿も喜ぶの草書体が七を3つ重ねた形なのです。

 

 

長寿の祝いで使うのしってどんな意味があるの?

長寿の祝いを贈る際には、必ずのしを使用します。
のしとは、一般的にはお祝い事の贈答品に添える飾りのことです。
赤い和紙と白い和紙を重ね合わせ、伸しあわびを包んだものでが一般的です。
最近では、デザイン化されたものや、印刷されて簡略化されたものがほとんどですが、もともと使われていた、あわびの飾りは長生きを意味するので、長寿の祝いに添えるにはふさわしい飾りといえるでしょう。

 

さて、表書きについてですが、上段に「祝米寿」や「祝還暦」といったその年齢にあっているものを書きます。
単に「お祝」でもかまいません。
下段には、贈る人の名前を書きます。
連名にする場合は、縦書きにしたり、「子供一同」「孫一同」などと書きます。
品物を送る場合は、長寿を心から祝っていることをあらわすものにします。
長寿は何度でも祝いたいおめでたい事なので、水引は、赤白、または金銀の蝶結びのものを使います。

 

当日のお返しとしては「内祝」をを渡します。
これにものしを使用します。
下段には姓を入れ、水引は蝶結びを使います。
長寿は祝うことそのものが大切です。
のしや表書きなどにこだわりすぎる必要なありませんが、相手に対して大切なお祝いであることを表す手段として使うのもいいですね。

 

 

長寿祝いにはどんな食事会をしたらいい?

長寿祝いで食事をする時に気をつけておきたいことといえば、何と言っても華やかさです。
長寿祝いは、とてもおめでたいお祝い事ですから、誰もが豪華だと思えるような華やかさのある食事会にしましょう。
自宅で長寿祝いを行うという場合には、おせち料理のような重箱に料理を詰めた見た目も美しい形で食事の用意をすると喜ばれます。

 

おめでたい席ということで、お頭付きの鯛や赤飯を用意するのも良いでしょう。
もちろん、長寿祝いを迎える方の好みを意識した食材選びというのも重要なポイントです。
プレゼントを用意する時にも、受け取る方の好みを意識しながら選ぶものですが、食事に関してもそういった観点から選ぶようにします。

 

また、素敵なお店で食事をするのも良い方法です。
少し高級な和食のお店であれば、料理はもちろんのこと、客層も良いですし、内装も凝った造りになっています。
また、個室の用意もありますから、落ち着いて過ごせることでしょう。

 

 

長寿のお祝いに歌を贈ってもいいの?

長寿のお祝いにもいろいろあります。
まず、満60歳の還暦はよく知られています。
最近では長生きされる方々が多くなり、還暦では、長寿という感じは薄れているかもしれません。

 

とはいえ、とてもおめでたいことに変わりません。
70代では、70歳の古希、77歳での喜寿、が代表的です。
80代なら、80歳の傘寿、88歳の米寿のお祝いがあります。
そして、90代まで長生きされたら、90歳の卒寿、99歳の白寿です。
ここまできたら、108歳の茶寿までどうか頑張ってください、という気持ちになります。
このように、長寿をお祝いするのは、古くから続いている習慣でもあります。

 

そして贈り物もつきものです。
今の時代だからこそ、長生きをされた方に、想いを込めて歌を贈るのは素敵なことです。
古い時代には、長生きをされた方に、和歌を詠んで贈るという雅なこともありました。
例えば、ご親戚のお子さんが目の前で歌ったら、とても喜ばれるでしょう。
あるいは、現在では若い人たちの間でも人気が高まっているレコードを、プレイヤーとセットで贈る、という方法もあります。
好きな歌を贈られて、嫌な気持ちになることなどあり得ません。
もちろん、CDとプレイヤーなども良い贈り物です。
時代の荒波を超えてきた方の長寿のお祝いです。
喜ばれる歌を贈って感謝の想いを伝えましょう。

 

 

贈り物にはどのくらいの金額をかけたらいい?

長寿祝いでプレゼントを用意する時に気になることといえば金額です。
プレゼントの魅力というのは、金額で決まるものではありませんが、お祝い事には相場というものがつきものであり、それを把握しておいた方が失礼にならなくて良いものです。

 

長寿祝いのプレゼントで、高すぎる物を用意してしまうと、相手に気を使わせてしまうことにもなりかねませんから、注意して用意したいものです。
長寿祝いのプレゼントにかける一般的な金額は、、お祝いする相手が両親の場合には、20,000円から30,000円ぐらいの物を用意するのが相場と言われています。

 

これが、身内以外であれば、また変わります。
親戚であれば、10,000円ほどの予算をかけますが、知り合いに用意したりする場合ですと、数千円程度の金額のプレゼントでも、まったく問題ないものです。

 

ただし、プレゼントする相手によっては安すぎると失礼にあたることもあるでしょうから、気をつけておきたいところです。
とはいえ、長寿の贈り物には、金額よりも大切な思い出となる品を贈りたいものです。

 

 

他のウェブサイトを掲載

長寿の祝いについては、このようにして色々なものがあるんですね。
長寿にまつわる話で登場することがあるレスベラトロールというものがあります。
レスベラトロールとはどういったものなんでしょうか?詳しくはこちらです。